非常食の役割とは?

東日本大震災でも数多くの人が経験したと思います。 どれだけ科学が発達していても、どれだけインフラが整備されても、有事の時には長期に亘って流通がストップしてしまうことが痛い程分かったのではないでしょうか。(汗)。 そうなれば、あらゆる通信技術とか、交通技術が宝の持ち腐れとなりますよね。(汗)。 この様な災害時には、混乱が生じる事も視野に入れる必要があります。 想定以上に復旧に時間が掛かる可能性もかなり高くなりますよね。 被災者となった人達の孤立する期間と言うものは、非常に長くなります。 この様な状況における非常食の役割と言うのは、当然「生存」を第一に置いています。 人間と言うのは、断続的に食事をとらなければ死んでしまいます。 現代の科学技術を持っても、大規模災害において隔離される期間は最大で1週間~2週間にも及びます。 非常食、保存食品の役割については、この期間において「命を繋ぐ」ことに集約されます。 ただ、それに関連することですが、それ以外の目的もあると思います。 それは、安心の確保と言うことですね。 人間は、水さえあれば大丈夫と言います。 これについてですが、実はかなり長期間生き長らえることが可能と言うことです。 多くの災害時に発生するパニックと言うのは、災害発生からしばらく経って秩序不安定状態になった人々が起こすものです。そのように言われています。 そういった精神的な負担に最も影響するのが食糧問題と言うことになります。 非常食と言うものは、精神安定と言う役割も担っています。

非常食おすすめ通販!レトルト缶詰比較!【セットで人気は?】
災害に備えて非常食を用意しておく人が増えています。実際にどのようなものが必要になるのか、非常食に関係のある災害が起きたときどうするのかといった事を今のうちに見直しておきましょう。
www.hijousyoku.com/